《京都の予習》京都の寺院で出合える雲龍図の秘密に迫ろう

f:id:editplus:20210219173315j:plain

京都のお寺を参拝したとき、天井に描かれる龍に出合ったことはありませんか? これは「雲龍図」とよばれるもので、どのお寺も「法堂」とよばれる建物の天井に描かれています。

 古来より、龍は仏法を守護する象徴とされてきました。「仏法の教えを降らす」という意味を込めて、住職が説法を説く法堂の天井には、龍を描く習わしがあるのです。また、龍は水の神ともいわれることから、火災から法堂を守る役割も果たしているのです。

 法堂の天井に描かれる龍は、力強く、躍動感あふれるものばかり。そこで今回は、京都で見られる「雲龍図」のなかでも、スケールが大きい雲龍図に出合える4つの寺院をご紹介します。次に京都にお出かけするときのために、予習しておきましょう。

1.狩野派を代表する絵師・狩野探幽が描いた「妙心寺」の雲龍図

f:id:editplus:20210219173322j:plain

最初にご紹介するのは花園にある「妙心寺」です。建武4年(1337)に花園法皇が離宮を禅寺に改めたことが起源のお寺です。明智光秀や豊臣家の帰依を受けて発展しました。広大な寺域には46もの塔頭があり、直線状に並ぶ伽藍が印象的です。

f:id:editplus:20210219173315j:plain

写真提供/妙心寺

こちらの法堂の雲龍図は、江戸時代を代表する絵師・狩野探幽によって描かれたもの。明暦2年(1656)に法堂が建造された際に、雲龍図も描かれたそうです。完成までに8年を要した大作で、円相の直径は12m。力強いタッチが見る人を惹きつけます。

絵は貝殻や草木の汁を絵具としていて、変色が少ないのが特徴。過去に一度も修復されていないそうです。龍の目は円相の中心に位置していて、見る角度によって「昇り龍」や「下り龍」など、さまざまな動きを見ることができます。

妙心寺

住所:京都市右京区花園妙心寺町1

アクセス:市バス「妙心寺前」からすぐ

電話:075-466-5381

ホームページ:https://www.myoshinji.or.jp/

2.世界遺産「天龍寺」の法堂で出合える八方睨みの龍

f:id:editplus:20210219173338j:plain

観光客に人気の嵐山。その嵐山で欠かせない観光スポットといえば、世界遺産の「天龍寺」です。暦応2年(1339)に創建された天龍寺は、国の史跡・特別名勝第1号に指定される曹源池庭園が有名。嵐山の自然と調和したダイナミックな風景が広がります。

f:id:editplus:20210219173330j:plain

写真提供/天龍寺

法堂の雲龍図は、日本画家・加山又造によって描かれたもの。元禅堂として使われていた法堂には、もともと明治時代の画家・鈴木松年による雲龍図が掲げられていましたが、損傷が激しかったことから、1997年に新しい雲龍図が描かれました。

天龍寺の龍は、中国の皇帝のみが使用されたといわれている「五爪の龍」が描かれています。

杉板159枚を張り合わせ、白土を塗った上に直接墨色で描かれた雲龍図。直径9mの二重円相内に描かれた龍は、どこから見ても睨まれているように見えることから、「八方睨みの龍」とよばれています。参拝できるのは、土日祝と、春・お盆・秋の特別公開のみです。

天龍寺

住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

アクセス: 嵐電嵐山本線「嵐山」駅から徒歩2分

電話:075-881-1235

ホームページ:http://www.tenryuji.com/

3.龍が鳴く⁉ 現存最古の法堂に描かれた「相国寺」の蟠龍図

f:id:editplus:20210219173355j:plain

写真提供/相国寺

「相国寺」は夢窓疎石を開山とする、臨済宗相国寺派の大本山。金閣寺を建てたことで知られる足利義満が明徳3年(1392)に建立しました。また、寺の創建600年を記念して開館した承天閣美術館が併設され、伊藤若冲筆の障壁画などが常設展示されています。

f:id:editplus:20210219173346j:plain

写真提供/相国寺

相国寺の法堂は現存最古の法堂で、天井には安土桃山時代の絵師・狩野光信による蟠龍図が描かれています。蟠龍とは、天井に昇る前の地上にうずくまっている状態の龍のことで、慶長10年(1605)の法堂再建の際に描かれたとされています。

法堂内の中央付近で手をたたくと、天井に反響してカラカラと音が鳴るのが特徴。その音が龍の鳴き声のように聞こえることから、「鳴き龍」とも呼ばれています。通常非公開で、春・秋の特別公開のときのみ参拝可能。参拝する際はぜひ龍の下で手をたたいてみてください。

相国寺

住所:京都市上京区相国寺門前町701

アクセス: 地下鉄烏丸線「今出川」駅から徒歩10分

電話:075-231-0301

ホームページ:https://www.shokoku-ji.jp/

4.京都最古の禅寺「建仁寺」で出合える108畳分の双龍図

f:id:editplus:20210219173417j:plain

建仁2年(1202)、臨済宗の開祖・栄西禅師が創建した建仁寺。栄西禅師は中国から茶種を持ち帰ったとされる人物で、境内には茶碑と茶苑があります。俵屋宗達の傑作である国宝『風神雷神図屏風』(展示は複製)や、趣の異なる3種類の庭園など、見どころもたくさん。f:id:editplus:20210219173408j:plain

法堂の天井一面に描かれた双龍図は、畳108畳分のスケールを誇る大作。創建800年を記念して、2002年に日本画家・小泉淳作が手がけた水墨画で、約2年の歳月をかけて描かれました。

こちらは「双龍図」の名前のとおり、絡み合うように描かれた二匹の龍が特徴的。片方は口を開け、もう片方は口を閉じた「阿吽」の龍となっています。二匹の迫力は見応え十分で、思わず息をのんでしまいますよ。

建仁寺

住所:京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70

アクセス: 市バス「東山安井」から徒歩3分

電話:075-561-6363

ホームページ:https://www.kenninji.jp/

京都の寺院の法堂天井に描かれる、個性豊かな4つの雲龍図をご紹介しました。ひとくちに「雲龍図」といっても、作者や描かれた年代がそれぞれ異なり、龍の表情は実にさまざま。それぞれ見比べて、自分の好みの雲龍図を探してみるのも楽しいかもしれません。

また、法堂に龍が描かれる意味や、作者についてすこし予習しておけば、実際に見たときの感動もひとしお。雲龍図の見え方もきっと違ってくると思いますし、寺院巡りがさらに興味深いものになるはずですよ。

企画:JTBパブリッシング

この記事を書いた人:るるぶ編集部

f:id:rurubukansai:20210209181817p:plain

全国各地の「見る」「食べる」「遊ぶ」を徹底的にガイドした旅行情報誌『るるぶ』の編集部です。神社仏閣やグルメ、おみやげ、話題のニュースポットなど、京都のお出かけにかかせない情報を幅広く網羅。旅行者はもちろん、地元の方にも役立つ情報を日々チェック!

観光に関するお問合せ
京都総合観光案内所(京なび) 〒600-8216
京都市下京区烏丸通塩小路下る(京都駅ビル2階、南北自由通路沿い)
TEL:075-343-0548

※当面の間、案内時間を短縮し、8:30~17:00の営業となります。
また、入所人数制限など感染防止対策をとっております。ご来所の際には、マスク着用のご協力等をお願いいたします。
京都観光Naviぷらすの運営企業
公益社団法人 京都市観光協会 〒604-8005
京都市中京区河原町通三条上ル恵比須町427番地
京都朝日会館3階
聴覚に障がいのある方など電話による
御相談が難しい方はこちら
京都ユニバーサル観光ナビ 京都のユニバーサル観光情報を発信中。ユニバーサルツーリズム・コンシェルジュでは、それぞれの得意分野を持ったコンシェルジュが、京都の旅の相談事に対して障害にあった注意事項やアドバイスを無償でさせていただきます。
京都観光Naviぷらす
©Kyoto City Tourism Association All rights reserved.
  • ※本ホームページの内容・写真・イラスト・地図等の転載を固くお断りします。
  • ※本ホームページの運営は宿泊税を活用しております。